今回本戦出場が決定した
北海道浦河高等学校のみなさんです!


 浦河高校は、日高管内浦河町にある総合学科の高校です。5つの系列があり、2年生から進路や希望に合わせて、選択科目で授業を受けていきます。浦河高校の特徴的な取り組みとしては「総合的な学習の時間」の中の「課題研究」で、地域や世界について研究することが挙げられます。地域の方達から話を聞いたり協力を得ながら、自分たちが設定したテーマに基づいてまとめ、発表をする経験をすることで、物事に対して、疑問を持ち主体的に行動することの大切さを学んでいます。

 日高振興局があり、日高管内の中心的な町である北海道浦河町。海と山に囲まれ、自然豊かな町です。馬産地としても有名で、古くは名馬シンザンを生んだ場所でもあります。浦河町では、農産物として夏イチゴ(すずあかね)や米、アスパラガスなどバラエティに富んだものがあります。また、海産物としては昆布や銀聖(鮭)などもあります。 また、オオワシを間近で見学したり、乗馬をするなど体験型のツアーが充実していることや体験移住から実際に移住する方もおり、観光地としては有名ではないけれど意外と外からの人が増えている町といえます。


今回私達は、浦河の特産品である夏イチゴの新しい活用方法を考えてみました。イチゴをご飯に炊き込むというと驚かれますが、本州では「みかんご飯」や「トマトご飯」もあり、果物と米を炊き込むのはそんなに珍しいことではありません。そして、まだ地元でもあまり知られていない特別栽培米や牛肉を広く知ってもらうことで、少しでも地域に貢献できたらと考えています。 浦河のイチゴと浦河の米、そして牛肉を一度に味わえるものとして肉巻きおにぎりを作りました。私達の「肉巻きおにぎり」で、浦河を一度にギュッと感じてみてください。

戻る